【あみだくじ必勝法】統計学と心理学の力を使って勝率を数倍に引き上げる方法を紹介

未分類

「統計学が最強の学問である」という本を読んでいてすぐに使える面白い知識を手に入れました。特別な技術は必要なし。やることはたった一つだけです。

それは「くじの作成役を引き受けること」

もちろん不正なくじは作りません。どの棒の下に当たり(もしくははずれ)があるのか知っていることが肝なんです。

では、以下画像付きで解説していきます。

あみだくじの結果には数学的・統計的に偏りがある

あみだくじのルールは至って単純です。縦棒と横棒を引いて上から下になぞっていくだけ。あまりにも単純な仕組みなのでイカサマのしようもないと感じるかも。でもこう聞いたらどう思うでしょうか?

当たりが書かれた棒の真上を選んだ人が最も高い確率で勝つことが証明されている

きっと誰もがあみだくじの公平性に疑問を持ち、次からあたりの真上を選ぶようになるでしょう。でも本当にその方法で勝てるの?と疑問に思う人もいるはず。そこで証拠画像を載せておきます。

あみだくじの勝率
出典:統計学が最強の学問である

この画像は以下の条件でシミュレーションした結果、それぞれの番号が当たり(4番の下)を引ける確率です。

  • 当たりを4番の下に固定
  • 横棒は毎回ランダムに引き直す
  • 1000回実行

すごい分かりやすい図ですよね。当たりの4番に近いほど当たる確率が上がり、離れるほど確率が下がります。

つまり「あみだくじで当たりを引きたいなら当たりの真上を選べ」ということです。逆に当たりを引きたくない(つまりはずれを選ばせるあみだくじ)なら、当たりから最も遠い棒を選びましょう。上の図の通り、当たりから離れるほど当たる確率が下がります。

でもどの棒の下に当たりがあるのか知っている人はくじを作った人だけですよね。だからあみだくじ必勝法は自分がくじの作成を引き受ける必要があるんです。

とはいえ、自分でくじを作って当たりの真上を選んでから他の人に選ばせるのは難しいです。相手がくじの作成や棒の選択に介入していないので公平でないとクレームが入るでしょう。現実的には、くじを作らなかった人が先に棒を選んだり横棒を引いたりするものです。でもご安心ください。

先に選ばれにくい棒の下に当たりを書いておけばいいのです笑

【松竹梅の法則】人間は極端な選択を嫌う習性がある

行動心理学で証明されている法則の中に「松竹梅の法則」と呼ばれるものがあります。値段の異なる松竹梅の3種類のお弁当を用意しておくと、真ん中の「竹」が最もよく売れることが由来です。でもこれはお弁当に限った話ではなくあらゆるものに当てはまる法則です。

レストランのメニューもバスの座席も車のオプションも全部松竹梅の法則を利用しています。真ん中の商品が最も利益率が高くなるように設計されているんですね。

悪質な例では、最もグレードの高い商品は実際には存在しておらず、事実上最も高級な商品を真ん中のグレードに見せかけるためだけに作られているなんて話もあったとかなかったとか。

どうして人間は無意識に真ん中を選んでしまうのかというと、失敗したくないからです。

  • 高いお金を払って買ったものがあまり使い心地の良いものじゃなかったらどうしよう
  • 安い商品を選んですぐに壊れたらどうしよう
  • 真ん中を選んでおけば一番失敗する確率が低そうだなあ

こんな心理が働いて真ん中を選んでしまうんですよね。極端なもの選択にリスクを感じてしまうということです。

あみだくじに話を戻します。

あみだくじの棒の中にも極端な選択肢がありませんか?

そうです。両端の棒です。実はあみだくじの両端の棒はあまり選ばれない嫌われ者なんですよ泣

両端の棒は片方にしか進めないのでなんだか損している気になりますよね。真ん中に近い棒を選んでいたほうが色々な場所にいける可能性を感じます。そして誰もが無意識のうちに両端の棒を避けてしまいます。

ということは、あみだくじの必勝法は、、、

あみだくじを自分で作り両端の棒の下に当たりを書くべし

ここまでの内容をまとめると以下の通りになります。

  • 当たりの真上を選ぶと当たる確率が高い
  • くじの作成者は先に棒を選べないことが多い
  • 両端の棒は先に選ばれにくい

つまり

  • 自分でくじを作り
  • 両端の棒の下に当たりを用意し
  • 相手に先に棒を選ばせる

こうすると、相手に公平性を感じさせながらしれっと最も当たる確率の高い両端を残り物として選ぶことができます。

相手にはずれを引かせたい場合は、はずれを真ん中の棒の下に書いて相手が真ん中を選ぶのを待つだけ。

もちろん100%勝てるわけではないです。横棒の数がものすごく多かったり、相手が先に両端を選んでしまったり、不確定要素はあります。

でも何も考えずに適当にあみだくじをするよりは格段に勝率が上がります。ぜひ試してみてください。(悪用厳禁です笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました